マグナトライク三輪車とは

スポンサードリンク            プライバシーポリシー

マグナトライク三輪車と聞いて、まったくご存じないという方も少なくない
かもしれませんね。マグナとは、自動車でも有名なホンダが、かつて
作っていたバイクのブランドです。 今では生産中止となってしまいました
が、普通免許を取得すれば付いてくる原付免許で運転できるマグナ50と、
普通二輪免許で運転できるV-ツインマグナの2種類があり、ポピュラーで
あったため、現在でも比較的入手しやすい車体のひとつです。

一般的には、普通免許は取っても、普通二輪の免許を持っている人は
それほど多くないでしょうから、マグナと聞いてバイクと結びつく人も
珍しいかもしれません。

トライク三輪車とは、最近注目されるようになってきた新しい車種
カテゴリーです。トライクとは直訳するとまさに三輪車のことで、車輪の
位置についてははっきり定義されて居ないようですが、主に、後輪が
2つついた形のバイクを指す
ことが多いようです。


マグナトライク三輪車とは、つまり、マグナをベースに後輪の数をひとつ増やし、トライク三輪車に仕立てたものということです。
最近では、トライク三輪車に改造されたマグナがよく取引されていて、改造用のキットも売られているほか、インターネットにも頻繁に
姿を現すようになったようです。

重心が低く、アメリカンバイクの代表とも言えるほどポピュラーなマグナが改造されるのはよくわかりますが、
なぜわざわざトライク三輪車にする必要があるのでしょうか。
それは、この車種がまだまだ新しいため、様々なメリットを持っているというところにあります。

マグナをトライク三輪車にするメリット

ひとつめのメリットに、三輪車の安定性を挙げることができます。 一度バランスを崩すと立て直しが難しい二輪車に比べ、支点が
3点なので、立ち転けする心配もありませんし、コーナリングで行う体重移動の微妙な慣れなども必要ありません。
重量が軽く、車体に覆われている部分がほとんどないバイクは、度々危険性が指摘されてきましたが、その独特の危険性のうち、
いくらかは減ることになり、普通車に近いかたちで運転することが可能です。

ふたつめのメリットは、そのことに由来します。実際に二輪車を運転するなら、普通免許を持っていても、別途普通二輪免許を取得する
必要がありますが、トライク三輪車の場合、道路交通法上、四輪車に近いと見なされ普通免許で運転することが可能なのです。
つまり、今までバイクを運転したくても別途必要な免許取得のために躊躇していた人も、すでに持っている免許で運転できるという
ケースが多くなるわけです。

みっつめのメリットは、そのため、ヘルメット装着の義務が無くなったり、原付から改造されたトライクであっても、時速制限を
受けない
というところです。 マグナトライク三輪車のうち、マグナ50を改造したものは、走る道路の規制にもよりますが、もともとの
制限時速30km/hから60km/hと格段にあがることになります。 車体性能の限界云々はとりあえず置いても、高速道路を走ることも可能で、
その場合の一般的な最高速度は80km/hとなっています。

トライク三輪車に掛かる交通関係の法規制には、普通自動車扱いの部分と、それぞれ元となる二輪車の扱いとなる部分、まだまだ
複雑に混在しているので、購入にあたっては詳細まで調べておく必要があります。

よっつめのメリットは、トライク三輪車の支持の根底に横たわるオリジナリティかもしれません。まだまだ新しい車種であるため、
その目新しさの中で表現できる個性を求めて購入する人も少なくありません。 この場合、例えば、幼少の頃からバイクに憧れを
抱いていたりした、根っからのモーターファンの方がほとんどでしょう。

トライク三輪車のメリットは、乗る側だけに限ったものではありません。

SPONSORED LINK


マグナトライク三輪車は一番人気があり100万円前後で売られています

バブル崩壊以降、バイクの売り上げは各メーカー右肩下がりになっているようで、販売戦略に各社頭を悩ませています。
長い間、バイクは普通車とはまた違った魅力をみせ、一部のファンを抱えていましたが、また違った物というファンの心を
そそらせていた壁が、今度は販売側の足枷になってしまっているようです。

そのため、トライク三輪車は自動車により近く、気軽に利用することのできる乗り物として、メーカー側の注目を集めているのです。
マグナトライク三輪車は、その中でも一番人気があり、100万円前後で売られています
もしかしたら、今後よく見かける車種に成長するかもしれません。

スポンサードリンク